日本の自殺率。都会よりも、じつは地方の方が高かった。

 

2万人。

 

 

 

 

 

この数字は、昨年に日本で自殺した方の人数です。

正確には20,840人。

 

 

昨年の日本の人口は1億2万6千人ちょっとなので、

自殺率は、約0.016%ということになります。1万人に1人とすこし。

 

 

多く感じるか少なく感じるかは人それぞれかもしれません。(本当は10万人を超えているという説は置いといて…)

 

 

ですが…、厚労省が毎年集めている自殺に関するデータを見てみたら、わりと人ごとじゃなかったので簡単にまとめてみました。

 

地方で暮らす20代のフツーの女子が、自殺を身近に感じた3つのことを書いていきます。

 

 

出典:厚生労働省ホームページ

 

 

 

実は地方の方が自殺率が高かった

自殺率ワースト3は全て地方

※自殺者数ではなく自殺死亡率です

小さくてスミマセン…

 

これは、都道府県別の自殺死亡率のグラフです。

わたしはこのグラフを見る前は、「東京が1番高いだろうなー」と思い込んでいました。でもフタを開けてみたらワースト3は山梨・青森・和歌山。すべて地方。

東京は、高くもなく低くもない。ちょうど真ん中くらい。

 

 

「東京は住みにくい」「地方はのんびりしていて過ごしやすい」というイメージは、昔ほどではなくても未だに根強いのではないでしょうか?

このデータを見ると、実際はその逆だとも言えます。

 

 

地方こそ生きづらい。

 

 

逆に、自殺率の低いトップ3は徳島・神奈川・京都。

地方の徳島がトップなので、地方イコール生きづらいとは言えませんが、トップに続くのが意外にも、都市部といえる神奈川・京都。

 

 

 

もしも地方で生きづらさを感じている人がいたら…都市部で暮らしてみることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

自殺の理由は一つじゃない

つぎは、自殺の理由についての資料です。

 

 

自殺の理由は大きく分けて6つだといえます。

経済・健康・家庭・勤務・学校・男女。

自殺者の多くが、これらの問題を2つ以上かかえてしまった方だそうです。

 

 

2つ以上の問題をかかえてしまった方を、「とても不幸な人なんだな」と思いますか?

 

でも、

仕事(勤務)が原因でうつ病(健康)になった人や

離婚(男女)が原因で生活(家庭)が苦しくなった人など…

ひとつの問題がべつの問題を連鎖しやすいのは簡単にイメージできます。

 

 

 

問題は連鎖しやすいけど、逆に考えると

ひとつの環境で問題が起きても、べつの環境で認めてもらえたり救ってもらえたら連鎖は防げるのではないでしょうか。

 

 

問題の大きい小さいは抜きにして、いま目の前にいる家族や同僚も、なにかしらは問題を抱えているはずです。

悩みのない人なんていないです。

 

連鎖を増やすのも防ぐのも、まわりにいるあなた次第。

 

 

 

減らない若者の自殺率

若者の数は減る一方なのに高くなる自殺率

実は、自殺率は9年連続で減少してます。

年代別に分けた上記のグラフでも、ほぼすべての年代が右下がりのカタチになっています。

 

しかし、10〜19歳の層(下から2番目のオレンジ)だけは、毎年減らないばかりかやや上昇ぎみにあります。

 

ほかの年代がいちじるしく減少しているなか、横ばいやや上昇のグラフは異様です…。

 

 

 

ちなみに、10代の自殺の要因トップ3が学校・健康・家庭です。学校がダントツ、健康・家庭はおなじくらい。若者の自殺率が減らないのは、スマホの普及率とも関係しているという説もあります。

自分の子どもを育てるときにはもっと平和な未来になっていて欲しいし、スマホひとつとっても吟味する必要があるんだなと感じます。

 

 

 

 

この結果から考えたこと

地方×若者は頑張ってる

地方在住者の、地方に大いに肩入れした結論ではありますが、

世間がせまく逃げ場のない地方で生きる若者はそれだけで誇りです!

 

仕事してるなんてえらすぎる!フリーターでも家事手伝いでもいい!

そんなえらい自分を認めてあげてください。これ以上ムチは打たないでやってください。

 

 

だれかの連鎖をくいとめてあげよ

大なり小なり、人はなにか問題を抱えています。

その問題を解決してあげてなんて大それたことは言いません。

ただ、その問題の連鎖をくいとめてあげることは、周りにいるあなたにもできることだと思います。

 

 

今回は、ダークなテーマについて書いてみました。自殺の当事者というよりは、その周りにいる人ができることについて考えました。

 

日本の未来がいまより幸せになりますように!

 

 

ではではっ!

 

▽関連記事

【生まれも育ちも地方】26歳の女が1ヶ月上京生活を体験して感じた上京のメリット