会議で発言できない人のための、要因と解決策まとめ。

 

どうも!

 

 

私ごとですが…、転職をして3ヶ月目を迎えております。ゆみたらです。

 

 

そろそろ!新人という枠から外れたい、外れなくてはならない時期になってきました。

 

 

 

そこで現在、大きく立ちはだかっているのが、、、会議!!会議での発言!!

1〜2ヶ月目は、これまでの会社の流れや会議の雰囲気がつかめなかったので、借りてきた猫でも許されていました。

 

 

 

 

ただ、3ヶ月目を迎えた今、

 

会議で発言していない人を数えて安心したり、

自分が考えていたことと同じことを言われてチッと思ってしまう、、

 

そんな自分とはオサラバしたい!!

 

 

なので今日は、

会議で発言できない人の要因(心理)と解決策を書いていきます!

 

 

会議で発言できない人だけでなく、会議を主催する側の人にも読んでいただければ嬉しみですっ!

 

 

では、参ります!

 

 

 

意味ある会議とは

 

「これ、私いなくてもいいんじゃね…?」

「この会議意味あんの?」

 

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

ゆみたら
意味のある会議とは…?はて

 

 

 

 

そこで、会議についてサクッとググッと調べてみました。

 

 

 

すると、だれでも知ってる現代人のインフラ!あのグーグル社では、

「会議を意味あるものにするための5つのルール」というものが存在するらしい。

 

 

 

Think with Googleの中で、副社長のクリステンギルさんが書いていたことをまとめます。元記事はこちら

 

  1. 意志決定のための会議には、明確な意志決定者が参加すること。そうした者が参加できない場合、会議は行うべきではない
  2. 会議は、10人以下の人数で行うこと。
  3. 出席するすべての者が意見を述べること。意見を述べない者は、おそらくそこにいるべきではない。
  4. 会議に参加する者は、必ず時間どおりにその場にいること。
  5. 決定は会議を待つものではない。

 

 

 

ふむふむ…。つまり、あれだな。私の稚拙な語彙力でまとめるとしたらこうです。

 

 

本っ当に必要な会議かをジャッジした上で

決定権のあるエライ人を含めて10人以下で

時間どおりに行い、

発言しない奴は参加しない!!しないしないしないしないない…

 

 

 

と、いうことです…。せちがれぇ。

 

 

 

 

会議で発言できない人!一緒に頑張りましょう!

 

私たちにも、生きる道はある!(;´༎ຶ益༎ຶ`)

 

以下に、解決策書きましたので一緒に頑張りませう!

 

 

 

 

発言できない人の要因(心理)

 

まずは、発言できない人の要因を考えてみました。

大きく分けて3つです。

 

  1. 意見が思いつかない
  2. 思いついても、発言できない雰囲気をヒシヒシと感じてしまって発言できない
  3. 「見当違いかも…」「間違えてるかも…」「声が裏返るかも…」と心配で発言できない

 

 

こんなところではないでしょうか…?

ちなみにわたしは、どれも経験したことがあります。

 

 

次章でこれらの改善策にいく前に、発言しない人がもたらす悲劇について、サクッと書いてみたいと思います。

 

 

 

発言しない人の末路

 

会議で発言しないキャラは、こんな悲劇に繋がる可能性が上がります。

 

 

 

会議で発言しない

意見を言わない人だと認識される

(会議以外でも)相談されたり質問されることが、よく発言する人に比べて減る

自分の意見が反映されない取り組みや決めごとが増えやすくなる

自分の意図しないことをやらないといけないことが増える

仕事がイヤになる

 

 

 

たかが会議での発言、されどです!

この重要性を感じて、なんとか解決していきたいと思います。

 

 

 

 

3つの解決策

 

前章で、大きく分けた発言できない3つの要因。

  1. 意見が思いつかない
  2. 思いついても、発言できない雰囲気をヒシヒシと感じてしまって発言できない
  3. 「見当違いかも…」「間違えてるかも…」「声が裏返るかも…」と心配で発言できない

 

これらの解決策はこうです!

 

準備する!(させる!)

 

要因1の「意見が思いつかない」の原因は、ほとんど99%が準備不足

(逆に主催する側の人は、会議前に参加者にどれだけ準備させてくるかで、その会議が意味あるものになるかどうかが決まると言えます。)

 

 

会議前、フツーの主催者なら必ず議題や資料を提示してくるはずです。会議の前に、必ずすみずみまで一読し、なにかしら自分の意見を持った上で会議に臨みましょう。

 

 

もちろん、会議中に意見が変わることもあると思います。

 

 

それすらも、意見にしてしまえばいいじゃないですか。

「初めはこう考えていたけど、会議が始まってこんな意見に変わりました」

これも立派な意見だし、会議が前進する貴重な一歩になるはずです。

 

 

なんの準備もせずに、良い発言なんかできるわけがありません。

 

 

 

前半で発言する

 

これは、特に要因2の「発言できない雰囲気を感じてしまっている」の解決策です。

 

会議が進んでいけばいくほど、これまで発言していなかった人が発言するハードルは上がります。

 

「前半で発言する」ことのメリットは、

  • 会議の前半で言うことでその後も発言しやすくなる
  • 先輩より先に言うことで、軽めな発言がしやすい(かっこわら)

 

 

 

 

発言できない雰囲気”というのは、”発言したくない自分”が作り出した幻想であることが多いと思います。

 

時間をかけて準備した主催者側からしたら、参加者の意見を聞きたいはずだし

同じように発言することを躊躇している参加者は、他にもいるはずです。

 

ハードルの低い前半を狙って、なんとか一言でも発言しましょう!

 

 

 

とりあえず手を挙げちゃう

 

特に要因3の「『間違えてるかも…』等々、心配で発言できない」の解決策です。

 

何か思いついてはいても、いろんな心配事があって発言できない…。

 

 

私も、そうです。

「手を挙げて誰にも気づかれなかったらどうしよう」

「誰かと被ったらどうしよう…」

 

イヤになるくらいのどうしようどうしよう…、結論!どうもしません!!

 

むしろ、発言せずにいることの方がどうかします!

 

 

 

何か思いついたら、迷う前に手だけ挙げて、

手が勝手に挙がっちゃいました…(◉◞౪◟◉) とでも言わんばかりの顔をして発言してみましょう。

 

 

 

 

 

次の会議が楽しみです…

また報告します!

 

 

ではではっ!!