「地元を離れて結婚」とググりまくってる不安女子に読んでほしい。

 

 

この記事は、「地元 離れる 結婚」とググりまくってる女子にこそ読んでほしい。

辛いですよね。リアルな友達にはなかなか同じ境遇の人がいないですよね。

 

 

わたしもそうでした。

結婚を約束していた彼の故郷とわたしの故郷は、太平洋側と日本海側で車で6時間以上離れていました。

 

 

地元を遠く離れて結婚するのは、本当に勇気がいることです。親、年齢、仕事など悩みは大きくそして尽きることがありません。

 

 

周りに同じ境遇の人がいないから、誰にも相談できないし、「ここまできて別れるとかみんなに言いづらい…」と1人で考え込む毎日でした。

 

 

 

今日は、かつてのわたしのように

「地元を離れて結婚」とググりまくっている女子に、わたしがその闇から抜け出した経緯をお伝えできれば嬉しみです。

 

 

 

それでは参ります。

 

 



 

なぜググってしまうのか?

わたしが、「地元 離れる 結婚」とすがるようにググりまくっていたのは、25歳のころでした。

 

毎日ググるググる。ググりすぎて、巡り巡って同じ記事を週に3回くらい見てました(笑)

 

 

 

なぜググってしまうのか?

 

それは、自分の中では既に答えがわかっているからです。

 

 

でもそれを認めたくない。もしくはその答えが正しいのかわからない。その答えを決断したら、何かを失ってしまいそうで、怖い。

 

だから、自分と同じ決断をした人を探して、その人がその決断をして幸せなのか、後悔はないのか知りたいんです。つまり答え合わせ。

それを知れば、”自分でもうっすらと気づいている自分の答え”が正しいと自信を持てるし、背中を押してもらえる。

 

それに期待して、自分と同じような境遇の人をググりまくっていたんだと思います。

 

 

同じ人はいなかった

 

ググりまくっていた時は、ちょうどニートだったので時間はありまくり。ありとあらゆるワードで検索してました。

 

見つける記事1つ1つに一喜一憂し、もうそのジャンルで新しい記事はなくなるくらい調べまくって、気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「わたしと同じ人なんていない」

 

 

 

 

似たような境遇や悩みだとしても、性別・年齢・家族・仕事・性格すべてが同じ人なんていませんでした。

 

 

境遇が似ていても、同じじゃなければ意味がない。わたしじゃなければ意味がない。わたしと彼にしかわからない問題があるし、彼にもわからないわたしの悩みや言葉にできない感情もある。

 

他人の解決策で自分の悩みは解決できない。難しいけど、それからは自分で考えようって思いました。

 

 

(今思えば、ググってた時点で彼と別れることはうっすらわかっていたのかもしれません。)

 

 

周りの目を気にしている自分を認めた

 

それからは、なるべく1人でじっくり考えられる時間を作りました。

仕事後に散歩したり、落ち着けるカフェに行ったりして、ノートに文字にしながら自分の人生について考えました。

 

 

 

ググるのを辞めて自分で考えるようになると、「わたしは彼と別れたいんだ」と自分の感情を受け入れることができました。

 

 

人生で自分のやりたいことを書き連ね、別れることを理論的に正当化していきました。

 

でも、それを決断するのに足かせになっているものがありました。

 

 

 

 

それは、周りの目でした。

 

良くしてもらっていた彼のご両親や、彼を紹介していた友達になんて言われるか…

これが1番怖かった。

 

 

 

もし、同じように周りの目を気にしてる人がいたら、乗り越えてください。

周りの目は気になるけど、別れたい理由や別れない理由に自分以外の他者は介入させないこと。

これが、正しくそして後悔しない決断をするために、少なくとも必要なことだと思います。

 

 

 

 

 

1人に相談すれば充分だった

 

ググるな、1人で考えろ。

 

というような内容でやってきましたが、誰にも相談しなかった訳ではありません。

 

ほぼほぼ自分で考えを決め、整理できたところで、本当に信頼できる人に別れることを伝えました。最後に、背中をポンと押して欲しくて。

 

かつては、ネットでそんな存在(記事)を探しまくっていたけど…

 

 

 

同じ境遇じゃなくたって同じ悩みを抱えたことがなくたっていいんです。

 

あなたのことを親身になって考えてくれる人1人いれば充分じゃないですか?お母さんでもお姉さんでも、友達でも。

 

最後に背中を押してもらうのは、そんな人にしましょう?

 

 

 

周りはそんなに気にしてない

 

彼のご両親にも会ってたし、わたしの両親にも彼を紹介していました。お互いの友達にも。

結婚を約束していたこともみんな知っていました。

 

だから、「別れたい」という自分の感情に気づいても、周りになんて思われるのかが怖くてなかなか決断できなかった。

 

 

ググるのを辞め、1人で考え、信頼できる人に背中を押してもらってやっと、別れを伝えることができました。

でも、その後もしばらくは周りの目が気になっていました。

 

 

半年ほど経ってようやく、開き直ることができたように思います。

なぜなら、別れてみて、周りの人は大して気にしていなかったんだてことがわかったからです。

 

 

 

今、別れを考えている婚約している人、長年付き合ってる人、結婚してる人…。

どうか、周りのことは気にせず、自分を主語にして決断をしてください。

 

 

 

今、絶賛悩み中の方、いつでもコメントやお問い合わせコーナーでのご相談お待ちしております。

 

ご静聴ありがとうございました!

 

 



 

 

ではでは。

 

▽関連記事

アラサー女子が彼氏いらないって言う本当の理由を教えます