【愛知県】24歳で初めて地元を出る決意をしたパリピのはなし

 

「地元、出ようかな…」

 

地方人なら1度は思ったことがあるのではないでしょうか…?

 

でも、実際地元を出ようと思うと

  • 知らない土地に行くのは不安…
  • 転職活動するのも大変そうだし
  • もういい年だし、親も年だし、、、

などなど不安を挙げたらキリがないですよね

 

そんな不安を乗り越え、地元を出た地方人は

はたしていま幸せなのか?!

そもそもなんで、慣れ親しんだ地元を離れたの?!

 

こーゆうの結構気になりませんか!わたしはなります!

 

なので今回は、

24歳で初めて地元を出た友人に

きっかけや経緯、今どんなことをしてるのか、などなど聞いてきました!

 

 

▼インタビューした友人

ヤスシ(25) 愛知県出身

大学卒業後、大手アパレル企業でスーツの販売員を経験▶︎2年で退職、転職を機に初めて地元を出る▶︎派遣や短期バイトでいろいろな仕事をする▶︎現在は東京のダンススタジオで正社員として受付・運営を担当

好きなこと:インスタ、ダンス、出会いと別れ

嫌いなもの:色のない服

 

ゆみたら
ヤスシといえばインスタ!「ちょっとうざいな・・・」と思うくらいにストーリーあげるタイプです(笑)要するにパリピ

 

▼まずは見てみてください!

インスタ:o_manjyuu_ya

 

こんな経歴をもつ彼に…


24歳になってはじめて地元を出ることにした理由や経緯など聞いてみまっせ!

 

インタビュー当日!現在東京にいる彼との集合場所へ到着!

集合場所は、国会議事堂前を指定されました…

 

「小学生の修学旅行以来だなー、次の元号なにになるんだろうなー…(令和、でしたね)」とぼんやりしていると、やってきました!

 

黄色・ヒョウ柄のスニーカー、やたらにデカイトートバッグ!まさに、歩くインスタ映え!

 

 

ゆみたら
お〜す!ヤスシ!久しぶり〜!インスタいつもみてるよ!相変わらず元気そうだね!
やすし
アゲー!元気だよ!てかババアになったね!

 

開口一番失礼なやつ…
※「アゲー」は気の良い挨拶のようです

 

ゆみたら
今日はインタビューOKしてくれてありがとねえ!上京物語いっぱい聞かせて〜!
やすし
はいよー!プライバシーゼロでなんでも話すよ!

 

頼もしい、では早速はじめます〜!

 

 



 

 

地元を出た意外な理由

インスタを見ているかぎりヤスシは、

地元でたくさんの友人に囲まれて、夏は日焼けして冬はボードして…これぞリア充!地元ラブで「一生地元から離れないタイプなんだろうな」って思ってました

大学も、新卒で勤めた会社も地元、ハッピーライフを送っていたはずなのに、なぜいきなり地元を出ることにしたのか…

 

 

ゆみたら
ヤスシが地元を出よう!と思ったきっかけってなに?ずっと出たいと思ってたの?

 

やすし
いやー、「地元を出よう」とは思ってなかったよ。友達も家族もいて楽しかったし!
ただ、新卒で勤めてた販売の仕事を辞めたくて転職サイトを見てたら、なんとなく「東京に出てみようかなー」って思ったんだ。だから、何かやりたい!とかのハッキリした目的はなかったよ

 

 

ゆみたら
へ〜、そうなんだ!てっきり、何かやりたいことがあって出たのかと思ってた!

 

やすし
ないない!(笑)まあ、楽しく働きたい!とは思ってたけどね。
だから、「東京、楽しそうだなー」と思って、思い切って出てみよう!って決めた。

 

 

ゆみたら
そうだったんだ( ゚ ω ゚ )
でもヤスシって、地元ラブな感じだったじゃん?だから意外だった!

不安じゃなかった?

 

やすし
不安だったよー!

でも、やりたいことはなかったけど「もっと楽しく生きたい!」って思いは強かったんだよね。

地元での生活も楽しんでたけど、新しい出会いとか刺激は少なくなってたし…。
「自分の人生だから、自分のために楽しく生きたい!」と思って決めたね。

 

 

ゆみたら
地元で働き出すと、新しい出会いとか目新しさって減るもんね。
人生、インスタの華々しい感じだけじゃないよね…。

 

 

やすし
そりゃそうさー!にんげんだもの。(笑)
しかも、「出るぞ!」って決めてからも不安が消えなかったから、外に出てグローバルに生きてる人のブログとかインスタ見て「自分もできる!」って思い込ませた(笑)
あとは、行ってダメだったらいつでも帰ってくればいいや!って、開き直った!

 

ゆみたら
あはは、でもそれわかる!決めてから押し寄せる不安!!(笑)

 

 

 

実家は和菓子屋さんだったけど…

 

東京駅中のいい感じソファ

 

 

ゆみたら
でもさでもさ、いきなり地元を離れること親御さんには反対されなかった!?

 

やすし
んー、反対とまではいかないけど、「県内の会社ももう少し見てみたら?」とかは言われた。
親は残って欲しいんだろうなーっていうのはわかってたよ。今までずっと地元に収まってたしね!

 

 

ゆみたら
そりゃそうだよね(・д・)それでも出ようって決められたのは?

 

やすし
そだねー。

ウチの実家は和菓子屋やってるから、後継ぎのこともあるしいろいろ悩んだよー。

継いだら親が喜ぶのはわかってるけど、自分が後悔するだろうなと思って。

んで、後悔してる自分を見たら親は悲しむだろうなって思ったから、結局は自分のやりたいように生きようと思ったよ。

親は「私たちの代で終わりだねー」って言ってくれてるけど、やっぱり頭の片隅には今もあるけどね。

 

 

ゆみたら
そうだったんだぁ。
地方の田舎って、自営業が多いから後継ぎ問題も多いよね。わたしの周りは後継いでるひとが多いけど…

 

 

やすし
そうなんだ!俺の周りも親が自営業っての多いけど、あんまり継いでないよ。
後継ぎだろうがやりたくなきゃやらなければいいし、外に出たいと思ってるなら1年でも2年でも出てみればいいじゃん!って思うなー。

 

ゆみたら
え、そうなんだ!

たしかに、後継ぎだとしても1年や2年ならいけそう!

 

やすし

あ、あと出てみたいと思ったのは、「○○さんの家の○○」っていう枠から外れたかったっていうのもある!

 

 

ゆみたら
あー、それは田舎あるあるだよね!(笑)

 

 

地元を出たい!早く辞めたい!とりあえず選んだ転職先

ゆみたら
それで、転職先はどんなところだったのー?
やすし
リゾートアルバイトを派遣する会社だよ!沖縄とか熱海とかリゾート地のホテルや旅館に、住み込みのアルバイトを派遣する会社から内定もらって、正社員として働くことになったんだ〜!

 

 

ゆみたら
へ〜なんかおもしろそう!
やすし
おもしろかったよ!
そこで初めは研修として、実際に観光地のホテルに住み込みで、バイトの人たちと一緒に働いてたよ!掃除したり料理運んだり…!

 

やすし
そこでバイトしてる人たちとの出会いが衝撃だったんだよね。
リゾートバイトで稼いでは海外に行くのを繰り返す30代の人とか、リゾートバイトでハワイに行ってきたっていう自由な人が多くて。

ハワイ行けてお金もらえるとかサイコーじゃん!

ゆみたら
へ〜、めっちゃ自由(´⊙౪⊙)۶ハワイも行けちゃうんだ!
やすし
そうそう(笑)
「こんなに自由な生き方してる人たちがいるんだ」って知って
まだ20代だし、正社員に執着せずにやりたいことやってみようかな」って思ったんだ。
働き方の価値観が広がったんだよね。
それで、研修の3ヶ月間で退職した!
ゆみたら
おお!急展開!
やすし
もともとその会社にしたのも、早く次を決めて販売の仕事を辞めたかったから、内定もらってすぐに飛びついちゃったんだよね。だから1社しか受けずに決めた(笑)
でも、それくらいの勢いがなかったら地元を出てなかったかもしれないし、その会社での出会いがあって良かったから後悔はしてないけどね!

 

 

 

”楽しさと安定”を求めて再び転職活動

なぜか、マイ・マイクを持ち歩くヤスシ

 

 

ゆみたら
リゾートバイトの仕事を辞めた後は何してたの?
やすし
その後は、やりたいと思ったことをひたすらやったかな!
シェアハウスに入居して、夏はプールの監視員して、派遣でいろんな仕事をしてみたり…!工場のライン作業とか引っ越しとか!

 

ゆみたら
へ〜!工場のライン作業とか意外!
やすし
あはは、意外におもしろかったよ(笑)

 

ゆみたら
そんなバブル時期もあったんだね。今のダンススタジオは正社員として働いてるの?
やすし
そう。
派遣や短期バイトもしてたんだけど、ニートの期間も4ヶ月くらいあっていろいろ考えたんだよね。
仕事は「楽しい」だけじゃなくて、「安定」もすごく重要だわって思ったんだ。

 

ゆみたら
「安定」って言葉が似合わない…けど、ヤスシが言うと説得力あるわ…(笑)

 

やすし
めっちゃ安定大事だよ!(笑)
それから2ヶ月くらいかけて就活して、職場体験できるところはさせてもらって、いくつか内定もらった中で今の会社を選んだしね。
「もう失敗したくない!」と思ってめちゃめちゃ慎重に就活した。

 

ゆみたら
え!職場体験とかしてたんだ…えらっ…。

 

やすし
職場体験はマジでして良かったよ〜。オススメ(笑)
業種も勤務地も決めずに就活して、「楽しそう」と「安定」してるっていうのを軸にして最後は決めたよ。

 

やすし
今は、働けること自体も楽しいし、好きなダンスに関われてるし、楽しんで働いてるよ!
「地元出てみてよかった」って思ってる。

いつでも帰れるしね!(笑)

こんな先生いたら絶対おもろい!先生やってくれ!

 

 

今は、テラスハウスに出たいそうで毎週応募しているんだとか…

テラスハウスの制作の人!なんとか見出して!!(笑)

 

終始笑顔で躍動感のスゴイやつです

 

ありがとうございましたっ!

 

 

インタビューしてみて知ったこと・思ったこと

 

ヤスシのこと、

最近ではインスタでの投稿を見るだけだったし、「いつでも明るくて楽しそう、なんでも迷わず突き進んで行く、悩みなんかないんじゃないか?」って思ってました

でも勘違いでした

 

だれでも、見知らぬ土地へ飛び込みむ時はすごく不安

「いつでも帰れるから」…こんなにフラットな理由だったとしても、勇気を出して一歩目を踏み出したヤスシ

その一歩と、トライアンドエラーを繰り返してきたからこそ、華やかなヤスシの笑顔があるんだなと思いました

いろんな人と出会って、柔軟に自分の価値観を変えていけるカッコイイ人だなと思いました

 

 

ヤスシからはこんなことを教えてもらいました

新しい環境に入る時、「入れてもらう」のか「自分から入るのか」

「自分から入る」なら、最初の1ヶ月でどれだけ新しい風を吹かせられるか

だから最初の1ヶ月は気合い入れて頑張る!あとは付いてくる!

 

って

その場の雰囲気を変えたり、新しいことを始める人って、「その人の性格だから」というわけじゃなくて、見えないところで気合い入れて頑張ってるからなんだなと知りました

そう思うと、自分でもやればできるかも!と思えました!

 

ヤスシありがとう〜!

 

 

 

 

今回の気づき

  • 地元を出るのに年齢は関係ないし、理由や目的がない人もいる

「嫌になったらいつでも帰ればいい」

それくらいのフラットな気持ちで出てる人も、案外多いのかもなー

 

  • 親でも彼氏彼女でもなく、自分のために生きる

自分がイキイキしてることが、周りにとっても嬉しいはずーーーー!

(わたし自身、じぶんに言い聞かせてる感あり)

 

  • 出てみたら、新しい出会いや発見がイヤでもある

人からは失敗と思われることもあるかもしれない。むしろそういう出来事は多くなる。

けど糧になる!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

また、インタビュー記事書いていきたいと思います

ではではっ!

 

 

▼セットで読んでいただきたい…

【20代後半・独身・地方転勤者】地元以外で働いたことが糧になるのはもはや間違いない

【生まれも育ちも地方】26歳の女が1ヶ月上京生活を体験して感じた上京のメリット

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です